RIPPO(立歩・りっぽ)は、革命的な履物です。
(特許出願済&商標出願済)

「立つ」ということ

立つのに適した足裏の中心は?

骨格構造上、スネの骨(脛骨)の真下が良いといわれます。

ではなぜ、革靴やブーツの一般的なソールの形状は、
脛骨直下が空いている、このような形なのでしょうか。

それは、馬に乗る時代に都合が良かったから
そんな形の靴を、馬に乗らない時代になっても「歩くため」に履いてきました。

「立つ」と「歩く」の感覚を磨いてくれるソールの形状とは

それを議論していたら、こんな履物が出来ました。

お気づきですか?ソールの形状は革靴とは真逆です。

立つ時は、フラット部で。

歩く時は、フラット部から着地をして、傾斜部を流れるように。

お手本はこちら

まずは、室内や玄関先でお気軽に

慣れてきたら街歩きにも。立ち方や歩き方が変わりますよ。

人々の健康を真剣に考え、立つと歩くをもっと楽しく。

それがRIPPOです。